楽器一覧

ドラム

  • ロック
  • ジャズ
  • ポップス

ドラムは打楽器を代表する楽器です。
様々なジャンルでリズムの主役として活躍します。

ドラムの音量

130dB

80dB
90dB
100dB
110dB
120dB
130dB
 
住宅の構造
隣の部屋に聴こえる音量
音量の近い生活環境音
マンション(RC造)
(D値=50)
80dB
地下鉄の車内
木造住宅
(D値=35)
95dB
騒々しい工場の中、犬の鳴き声(正面5m)

※楽器図鑑で掲載している楽器・生活音の音量、住宅構造ごとの遮音性能(D値)は、カナデルーム調べによる参考値です。
※楽器・生活音の音量は演奏者、演奏環境、測定方法などの諸条件によって変わります。
※D値とは、住宅が備えている遮音性能の単位です。例えば、D-30の部屋で100デシベル(dB)の音を鳴らした場合、隣の部屋に聞こえる音量は「100(音量) – 30(遮音される音量) = 70(実際に隣の部屋で聞こえる音量)」で70デシベル(dB)となります。

ドラムの特徴

ドラムは、主にポップスやロック、ジャズで演奏される打楽器です。

ドラムはいろいろな種類の打楽器を組み合わせて演奏する楽器です。低音を出すバスドラムやフロアタム、中高音を出すスネアドラム、金属製のシンバルなど、様々な楽器があります。

ドラムの音量

環境省の「騒音に係わる環境基準」では、一般的な住宅地で許容される音量を、昼間55デシベル(dB)以下、夜間45デシベル(dB)以下と定めています。この音量を超える音は騒音とみなされる場合があり、注意が必要です。

ドラムの音量は約130デシベル(dB)。集合住宅の一室で演奏した場合、隣の部屋に聞こえる音量は、一般的な木造住宅では約95デシベル(dB)、一般的なマンションにおいては約80デシベル(dB)です。

ドラムは非常に大きな音を鳴らすことができる楽器で、住宅地で演奏するためには、厳重な防音設備を必要とします。また、バスドラムやハイハットシンバルの演奏をする際、足でペダルを踏むため、振動対策も必要となります。

ドラムの防音対策

ドラムを演奏する場合、演奏する時間帯や演奏の音量に気をつけるなど、近隣への配慮と演奏の工夫に加えて、しっかりとした防音対策と、振動対策が必要です。また、ドラムの低音は、他の高さの音に比べて建物の中で響きやすく、遮音・防音が難しいため、特にしっかりと防音の対策を練る必要があります。

とはいえ、音量の大きさを考えると、住宅地での生音でのドラム演奏は、近隣の方への騒音となってしまう可能性が高いと言わざるをえません。

防音設備がしっかりした楽器可物件に、防音室を導入するなど、高い意識で防音に取り組む必要があります。

一方で、ヘッドホンで演奏音を聞く、電子ドラムを導入するという方法もあります。この場合も、絨毯やカーペットを敷くなど、振動対策をきちんと行いましょう。

ドラムを演奏する方へ

楽器可の物件にお住まいであっても、ドラムを演奏する場合には、演奏する時間帯や演奏の音量に気をつけるなど、近隣への配慮と演奏の工夫に加えて、しっかりとした防音対策と、振動対策が必要です。

生活を豊かにするはずの音楽が、他の方にとって快適な生活を損なうものになってしまわないよう、お住いの地域・お部屋などに合わせて、無理のない音楽生活を送りましょう。

楽器可または楽器相談の物件をお探しの場合、ご自身が演奏する楽器の特徴や防音対策について知っておくことがとても大切です。不動産会社の方に対して、ご自身が演奏する楽器の特徴や、防音対策への配慮を伝えて、じっくり相談してみると良いでしょう。

不動産会社様へ

楽器を演奏する方を含めて、より多くの方に豊かな生活を過ごしていただくためには、お客様と話し合いながら、実際の生活の様子をイメージし、お互いに理解を深めていくことが大切です。

例えば、楽器演奏時の音量は一定ではなく、演奏者や演奏の仕方によって音量は大きく変わる他、上述したような防音対策、振動対策をきちんと行い、工夫することで、ある程度ドラムの音量を下げることは可能です。

一方で、すでに物件にお住いの方との騒音問題を避けるために、物件への入居を希望されるお客様に、どういった点に注意して生活していただく必要があるのかをしっかりと伝えていくことも必要でしょう。

どうすれば、より多くの方が快適に生活をおくことができるのか。お客様と一緒になって、考えてみることがその近道ではないでしょうか。

関連記事

この記事を書いた人

編集部 田中
編集部 田中 さん

さんの記事をもっと読む