【エレキ・ギター/ベースの練習&防音グッズ】本格アンプサウンドで練習できるVOX・amPlug2(アンプラグ2)をご紹介&プレゼント!

楽器の防音グッズの紹介シリーズ!今回はエレキ・ギター/ベースの練習&防音に役立つグッズを取り上げます。

第1回に引き続き、数々の消音楽器・防音グッズを開発・販売している楽器メーカー・株式会社KORG(コルグ)の消音システム担当・関晋一さん、営業部門責任者の岩崎範男さんに伺ったお話を交えてご紹介します。

また、今回ご紹介するKORG/VOX製品を読者のみなさんにプレゼントします!最後までお読みいただいて、ぜひ、ご応募ください。

※2018年8月12日をもって、プレゼントの応募受付を終了いたしました。ご応募いただいた皆様、ありがとうございました。

第1回:「KORGの消音グッズで防音対策!自分のピアノをのびのび弾こう!」
第3回:「家でドラムを練習しよう!日用品がドラムセットに大変身するKORG・CLIPHIT(クリップヒット)をご紹介&プレゼント!

ギターはやっぱりアンプで鳴らしたい…でも音量が気になる

さて、今回はギター系のグッズということで、ギター歴15年・現役バンドマンの筆者がギタリストの目線からご紹介します。 そもそも、エレキ・ギターはギター・アンプにつないで演奏するための楽器で、アンプで鳴らして初めて本来の音が出ます。本当はいつでもアンプで演奏したほうが良いのですが、賃貸マンションやアパートに住んでいる場合は音量の問題もあって、なかなか自宅でアンプを使うことはできません。 その結果、アンプを使わずに生音で練習することになりますが、エレキ・ギターの生音はアンプで出す音とは全くの別物。本来の音を楽しむのはほとんど諦めることになります。ギタリストの方は良い音で演奏したいという気持ちと、近所の方に迷惑をかけたくないという気持ちの板挟みに悩んでいるのではないかと思います。

今回紹介するVOX(ボックス)のamPlug2(アンプラグ2)は、本格的なアンプのサウンドを楽しみつつ、ギター演奏時の防音を実現できるという驚きの便利グッズ。お部屋での練習に悩んでいるギタリストの方にぜひチェックしてほしい製品です。※VOXはイギリスのアンプメーカー。日本での販売をKORGが担当しています。

VOX amPlug2

お部屋で本格アンプサウンドのエレキ・ギター/ベースを練習する!

VOXのアンプラグ2は、ヘッドホンでギターの音を聞くことができるヘッドホン・ギター・アンプです。使い方は、手のひらサイズの本体をギターやベースに直接差し込み、ヘッドホン、イヤホンをつなぎます。

ヘッドホンからはまるで本物のアンプを通したようなギターの音が聞こえますが、実際にお部屋で鳴っているのはギターの生音だけなので、アンプを使った場合と比べてかなり音量を抑えることができます。

amPlug2の使用イメージ / コルグ、岩崎さん

お手頃サイズで持ち運びに便利!バリエーション豊かな音色とデザインも魅力

アンプラグ2はサイズがとても小さく、持ち運びに便利です。ギターケースのポケットに入れておけば、ちょっと空いた時間にサッとギターに装着して練習できます。ギタリストはエフェクターなどの機材が多く、重くなりがち。“小さくて軽い”のは大事なポイントです。

アンプラグ2はその手軽さに加えて、サウンドの種類や見た目のバリエーションが多いのも魅力です。6モデルのギター用アンプと、1モデルベース用アンプがあり、各モデルによって音や機能が異なります。各モデルのデザインが有名なギターアンプのルックスをイメージしているので、見た目でなんとなく音の雰囲気がつかめるのも良いですね。

豊富なデザインバリエーションについて営業部門の責任者を務める岩崎さんは、「実は似たようなヘッドホン・アンプの製品は以前からありましたが、それほど認知度は高くありませんでした。アンプラグ2では見た目や音色に有名なアンプのテイストを入れて音のイメージをわかりやすくしたことで、一時期ブームになる程の人気製品になりました。それぞれのギタリストの個性や好みに合わせたモデルを選べるようになったことが人気を得るきっかけになったようです」とのこと。

アンプラグ2は、自分では何台も揃えることができないアンプを“使い分けて弾く”ことができるグッズでもあるのです。

小さくても高機能!コスパの良さも抜群です

アンプラグ2には音色のバリエーション以外にもうれしい機能があります。ギターモデルに内臓された9種類の空間系エフェクトでライブ本番に近い音色で演奏ができるし、ベースモデルに内臓された9パターンのリズムトラックでリズムに合わせた練習ができます。 他にもいくつか便利なポイントがあるアンプラグ2ですが、個人的にはヘッドホン用のジャックとは別にiPhoneや携帯用音楽プレーヤーがつなげるオーディオ入力用ジャックが良いなと思いました。

例えば、 (1)アンプラグ2をギターにつなぐ (2)iPhoneをアンプラグ2につないで音楽を流す (3)ヘッドホンをしてギターを弾く という使い方をすれば、好きな曲を聴きながら、それに合わせてギターが弾けます。これは練習が楽しくなりそう! 気になる価格はこれだけの小ささ・軽さ・高機能で3,000円台後半くらい。違うモデルを3個買っても1万数千円なので、いろいろなアンプサウンドを自宅で楽しみたいという人にオススメです。

アンプラグ2シリーズのモデルと音色のバリエーション

モデル 音色
AC30 AC30トップ・ブースト・サウンド
Metal US製のメタル・ハイゲイン・サウンド
Classic Rock UK製100Wの定番ハイゲイン・サウンド
Clean ピュアなクリーン・サウンドからクリーン系のチューブ・アンプ、ハイエンドのオーバードライブ・サウンド
Blues アメリカン・クランチ・サウンドやブルース系リードに最適なサウンド
Lead 中音域なリッチなリードギター用サウンド
Bass ワイドレンジ設計なベース専用サウンド

ヘッドフォン+アンプラグ2のamPhone(アンプフォーン)

次にご紹介するのはアンプラグの派生シリーズ、amPhone(アンプフォーン)。ヘッドホンにアンプ機能を追加したヘッドホン型ギターアンプです。音質に定評があるオーディオテクニカ製のヘッドホンにアンプラグ2が内臓されています。ヘッドホンプラグをギターやベースに接続するだけで本格的なアンプサウンドを高音質で楽しむことが可能。アンプラグ2と同様にギターやベースの生音だけが鳴るので、防音対策にもバッチリです。 アンプラグ2は自分でヘッドホンやイヤホンを別に用意する必要がありますが、アンプフォーンは1台あればすぐ使えます。普通のヘッドホンとしても使えるので、ヘッドホンを持っていない方にはさらにオススメです。

amPhoneのモデルはギター用のAC30/Twin/Leadとベース用のBassの4種類 ※amPhone Twinのみ販売終了

アンプラグ2「METALモデル」をプレゼント

以上のように、音にこだわって練習したいギタリストやベーシストにおすすめのVOX・amPlug2(アンプラグ2)とamPhone(アンプフォーン)。各モデルの音色が気になる方は以下の動画ほか、楽器店などでもお試しください。

冒頭でお知らせした通り、アンプラグ2の「METAL」モデルを読者の方にプレゼントします!記事末尾の画像リンクから移動して応募フォームからご応募ください。便利なグッズをゲットするチャンスをお見逃しなく!


Three new additions to the VOX amPlug 2 family – Clean, Blues & Lead


Bass legend Victor Wooten talks Vox AmPhones

↓↓KORG製品のプレゼント応募はこちらから!(現在は応募受付を終了しています。)↓↓

この記事を書いた人

編集部 田中
編集部 田中 さん

さんの記事をもっと読む