MENU閉じる
このたびの「新型コロナウイルス」感染拡大防止策として、政府・自治体等の外出自粛要請にともない、臨時の休業、開業時間の変更その他の理由により、不動産会社からの返答に時間がかかる場合や、物件情報の更新に遅れが生じている場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

ヴァイオリンが相談できる物件特集

 住まいの種類で探す

ヴァイオリン

アパート・マンション・戸建てなどでヴァイオリンなどが演奏できる賃貸物件、売買物件をご案内しています。その他にヴァイオリンと同等レベルのデシベル(db)の楽器がOKである場合があります。ヴァイオリン以外の楽器の方は、担当不動産会社にお問い合わせしてみてください。

賃貸物件の場合は、初めから音大生・演奏家向けにつくられた楽器「可」物件と、一般の賃貸物件を楽器「相談」とした物件があります。

現在のところ「カナデルーム」ではすべて楽器「相談」として掲載されていますが、演奏時間が設けられている物件は楽器「可」賃貸です。これらは主に音大周辺に立地し、楽器を弾く方ばかりが入居しているのが特徴。家賃も比較的リーズナブルです。演奏時間は各物件詳細ページの「備考」に記載されているのでチェックしましょう。

一方で楽器「相談」物件は、一般の賃貸アパート・賃貸マンション・賃貸一戸建て物件なので、住んでいるのは楽器を弾かない人が大半です。生活防音以上の楽器演奏のための防音施工は施されておらず、演奏時間は「常識の範囲」とされています(演奏時間の「常識の範囲」は、おおよそ午前10、11時~午後7、8時くらいといわれています)。

一般の賃貸物件なので立地やこだわり条件から選べることがメリットといえます。楽器演奏の音量や頻度はほどほどという方などは、楽器「相談」物件不動産会社に弾ける楽器などをお問い合わせしてみることをお勧めします。